2011年06月28日

室温ではなく体温下げる「クールベジ」

オーガニックや減農薬野菜にこだわり、都内を中心に展開するレストラン「農家の台所」では、「クールベジタブル」(クールベジ)フェアを6月から開催している。クールベジとは、体の余分な熱を逃がすカリウムと水分を含む夏野菜のことで、熱中症予防や夏バテ予防に良いとされている。節電が求められる今夏、室温ではなく、体温を下げるクールベジが注目を集めています。

「クールベジ」という言葉をご存じですか?
「クールベジ」とは、クールベジタブルの略で、「夏の野菜 料理で涼しくなろう」というメッセージが込められています。昔から、 野菜には体を暖めたり冷やしたりする効能をもつものがある と言われています。中国では野菜の色や性質によって陰陽に分け、 その知識を料理に応用していました。「クールベジ」な 野菜の代表は、ほうれん草、なす、トマト、きゅうり、にがうり、など。 水気が多く、体内の温かい水分を排泄する利尿作用があるため、 身体を冷やす効果があります。これからの夏、冷房は控えめに、 なすなら麻婆茄子、きゅうりなら棒棒鶏など、「クールベジ」な 野菜たちを使った中華料理を食べるのもいいですね。



FOOD SHOP フード ショップ
フード ショップ http://3038.web.fc2.com/foodmst/index.htm
posted by 3038 at 18:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
リンク集